逆引き権限委譲の設定例(BIND8/9の場合)

このページでは逆引き権限委譲を受けたネットワークの設定例を示します。

パークネット では逆引き権限を委譲したネットワークに関するセカンダリ DNS サーバとして
ns1.parknet.ad.jp 210.171.160.3
(BIND 9.3.X)

の 1台をご提供します。権限委譲を希望された場合、上記 からのゾーン転送要求を受け付けるようにアクセス制御の許可をお願いします。

お客様に次のネットワークが割当られていると仮定します。

・運用するドメイン名some-dom.co.jp
・DNS サーバーns.some-dom.co.jp
・割り当てられた IP アドレス 210.171.172.40/29
・逆引きのゾーンの名称40.172.171.210.in-addr.arpa.
・ゾーンの情報ファイル名210.171.172.40.rev
 
210.171.172.41gw.some-dom.co.jp
210.171.172.42ns.some-dom.co.jp
210.171.172.43www.some-dom.co.jp
210.171.172.44mail.some-dom.co.jp
210.171.172.45client1.some-dom.co.jp
210.171.172.46client2.some-dom.co.jp

実際の設定の際にはいずれもご自身のネットワークで該当するものに置き換えるようにして下さい。

BIND8/9 の場合 named.conf に次のように記述します。

------ named.conf の抜粋 (ゾーン転送を許可する) -----------
options {
    directory "c:/dns/etc";
    recursion yes;
    allow-transfer {
        210.171.160.3;
    };
};

zone "some-dom.co.jp" in {
    type master;
    file "some-dom.co.jp.zone";
    allow-query { any; };
};

zone "40.172.171.210.in-addr.arpa" in {
    tyep master;
    file "210.171.172.40.rev";
    allow-query { any; };
};
-------------------------------------------------------------
※ 注意事項
1. 逆引きのゾーンの名称 40.172.171.210.in-addr.arpa を間違えないようにして下さい。
2. allow-transfer には、許可するパークネットDNSのIP(210.171.160.3) を記述してください。

-------------------- 210.171.172.40.rev -------------------------
$ORIGIN 40.172.171.210.in-addr.arpa.
$TTL  86400
@   IN  SOA ns.some-dom.co.jp  root.some-dom.co.jp. (
  1 ; serial number
10800 ; refresh every 3 hours
1800 ; retry every 30 mINutes
604800 ; expire after a week
86400) ; default of a day
;
     
  IN   NS   ns.some-dom.co.jp.
IN   NS   ns1.parknet.ad.jp.


;
; Clients (9-14)
;
9   IN PTR gw.some-dom.co.jp.
10 IN PTR ns.some-dom.co.jp.
11 IN PTR www.some-dom.co.jp.
12 IN PTR mail.some-dom.co.jp.
13 IN PTR client1.some-dom.co.jp.
14 IN PTR client2.some-dom.co.jp.
------------------------------------------------------------
※ 注意事項
1. PTR レコードの末尾に "." 忘れないようにご注意ください。
2. 記述に全角スペースは利用しないで下さい。